• トップ

ミネラル分の濃度について

飲水の硬い・軟らかいの違い

飲水の硬度の定義と違い

飲水として店頭や通販で売られているミネラルウォーターは沢山ありますが、凡そ軟水と硬水に分けられます。水に硬いとか軟らかいというのも一見妙な表現ですが、これは「硬度」の違いを示しています。自然界に存在する水は、H2Oだけで構成されるものはほとんどなく何らかのミネラル分を含んでいます。硬度は、そのミネラル分の濃度を示したもので、この濃度が低い水を軟水、高い水を硬水と呼んでいます。WHOの定義では、軟水が60mg/L、中硬水を60‐120 mg/L、120‐180 mg/Lを硬水、それ以上を超硬水となります。水の硬度が変わる原因として、水がある地域の地層に関係があります。国土が狭く川が急な日本ではミネラル分が水に溶ける時間が少ないので、飲水以外でも軟らかい水となりますが、サンゴ礁が多い沖縄県や石灰岩の地層がある山口県のカルスト地形の地域では炭酸カルシウムが川や地下水に流れ込むため、硬度が上がっています。石灰層が多いヨーロッパではほとんどの地域が硬水です。軟水は、ミネラル含有量が少ないため口当たりがまろやかです。日本では飲水が軟水なので、日本人には飲みやすい水です。硬度が少ない水は素材の味を良く引き出すので、和食を作るのに最適です。また、お茶やコーヒーの風味も良くなります。硬水はミネラル含有量が多いので口当たりが重く苦みを感じる時があります。日本人には飲み慣れないので苦手な人もいるでしょう。ダイエットの時や肉料理が多い食生活をしている人はミネラル分が不足しがちなので、硬水を飲水にするとミネラルの補給になります。

バックナンバー

↑PAGE TOP