• トップ /
  • 飲水の硬度と硬水と軟水

硬水と軟水を使い分ける

飲水の硬度と硬水と軟水

飲水の硬水と軟水の違い

飲水には主にカルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれています。水1000ml中に溶けているカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を表した数値を硬度と言います。この硬度が高い水を硬水、硬度が低い水が軟水です。飲水はこの硬度によって味が決まると言われています。しかし、この分類基準は口の違いなどによって変わります。日本のは沖縄の一部の地域などを除けば、ほとんどが軟水です。それに対して、ヨーロッパの水は硬水が多いです。飲水の味は硬水か軟水かによって違います。硬水の特徴は、喉ごしが硬くてしっかりとした飲みごたえです。緑茶を入れると色や風味が出にくいです。肉を煮る時などにアクが出やすいですが、和風料理にはあまり合いません。石鹸や洗剤の泡立ちが悪くなってしまいます。軟水の場合は、口当たりが柔らかくさっぱりしていて、日本人に合った飲水です。緑茶を入れると色や風味が出やすいです。旨味成分を引き出しやすく、煮炊きの多い日本料理に合っています。石鹸や洗剤が泡立ちやすくて使いやすいです。飲水は自分が好きな硬度の水を選ぶのが良いです。それ以外の利用方法や料理に使う時は、硬水と軟水を上手く使いわけるようにしましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP