• トップ /
  • 飲水の硬度による味の違い

飲水にある様々な種類

飲水の硬度による味の違い

中硬水や硬水など様々な飲水

スーパーマーケットやドラッグストアでは数多くの飲水が販売されており、水を購入するという習慣は広く一般に浸透しています。その種類は様々で、日本国内の水は軟水であるとされ、海外から輸入されているミネラルウォーターは硬水である事が多いです。その違いは、飲水に含まれているミネラル分によります。その水が採水された場所の地質によって、水には様々な種類のミネラル成分が含まれています。硬度が高い水には、それだけたくさんのミネラル成分が含まれています。飲水として飲みやすいのは軟水であるとする人が多く、海外からの輸入品である硬水は飲みにくいものですが、健康への良い影響などを考えると利用する価値は高いです。硬度が高い、高濃度のミネラルウォーターは特に飲みにくい為、飲水としてより気軽に利用できる中硬水というものも最近では出てきています。日本国内の軟水と、海外から来る硬度が高い水のそれぞれの良いところを兼ね備えた水で、中硬水の人気は高まっています。いずれのタイプの飲水でも、自身の目的や用途によって選ぶ事が肝心です。硬水、軟水、中硬水、それぞれの特徴と利点をしっかりと把握し利用する事で、より高い効果を得る事ができます。

バックナンバー

↑PAGE TOP